男性

過払い金を請求してみましょう|意外と大きな額にビックリ

弁護士や司法書士に相談

お金

返済しすぎているかも

日本一物価の高い都市にも選ばれた横浜。やむを得ず消費者金融を利用したこともある方も少なくないことでしょう。さて、消費者金融を利用して返済を終えた方、現在進行形で返済している方の中には、借金の返し過ぎの可能性があります。過去に消費者金融が設定していた利率は、現在の利息制限法には、違反しているケースが多いからです。現在の利息制限法では、100万円以上の借金で15%、10万円以上100万円未満では18%、10万円未満ならば20%が上限とされ、これは過去に遡って適用されます。また、支払い分が全て利息に充当されるかつての消費者金融の支払いシステムも違法です。これらに心当たりがあれば、過払い金として取り戻すことができたり、借金を減らすことが可能です。なんとなく違和感があるぞ、返しすぎたんじゃないかという心当たりがあれば、是非弁護士や司法書士に相談してみてください。横浜には、過払い金を専門にする弁護士や司法書士が多数在籍しています。

料金を抑えられる事務所も

横浜の過払い金専門の弁護士や司法書士の中には、大手消費者金融に対して、多額の過払い金返済の実績を持つ事務所も見られます。弁護士と司法書士の違いは、弁護士が訴訟手続き等の業務を全て行うことができるのに対し、司法書士は140万円以上の過払い金の返還に関する訴訟や和解は制限される点です。しかし、権限は限定されるものの、司法書士の方が料金は安めに設定されるケースがほとんどです。横浜には過払い金の計算は無料で行う良心的な弁護士や司法書士もいます。計算をしてもらってから、弁護士に依頼するのか、司法書士に依頼するのかを検討してみても良いでしょう。近年では、過払い金の返還に失敗した場合には、返金が行われたり、着手金はかからない事務所もあり、中には成果報酬型の料金設定を行う事務所も見られます。これらは、料金を抑えることができ、損をしない仕組みとなっています。